ドーナツ屋さんでアルバイトをしていたときのこと

Written on 2014年4月1日 – 2:21 PM | by frebull55 |

学生の時に、全国展開しているドーナツショップでアルバイトをしていました。接客と、キッチンも少し経験しました。

ドーナツ屋さんは飲食なので基本清潔感っていうが大切になってきますよね??

その時に自分の悩みだったことにぶち当たりました・・・それは多汗症っていうことです。

お店の人が汗だくとか嫌ですよね??なので私はバイトを始めるにあたって多汗症を治す方法がないかをすぐに調べてみました!!

すると、7日間集中で多汗症を治すっていうプログラムが紹介されていました。初バイトまで約10日あったので7日で治すことができるのであればこれしかないと思いすぐに注文。

届いてから試してみると、本当に多汗症が収まってきましたよ!!最初は半信半疑だったのですが、これは本物ですね(笑)

多汗症を克服できてからは、まったく汗のことなんて気にならなくなりましたし、バイトでも清潔感はきちんと保てれていたと思います。
私が行っていたバイト先で販売しているドーナツは、各ショップで専用の粉から手作りをしていることに驚きました。お客さんの立場だった頃は、工場かどこかで作っているのだと思っていましたが、きちんと粉、卵、クリームなど、きちんと手順を踏んで1からお店で手作りしていました。
また、ドーナツの種類が多くて覚えるのに苦労しました。ドーナツだけでなく、ドリンクやサイドメニューなども覚えなければなりません。一つ一つに細かい提供ルールが決められており、慣れるまで3か月はかかりました。

就職のためアルバイトを辞めた今でもそのドーナツ屋さんには、よくコーヒーを飲みに行っています。

なんだか、自分が働いていたバイト先ってどうしても足を運んじゃいますよね??(笑)なんでなんだろう・・・きっと働いているうちにそこのお店のことが大好きになっているんでしょうね(*^-^*)

Leave a Reply

(必須)

(必須)